Amazonプライム無料体験を申し込んだ後にするべきコト


amazon
Photo By kodomut

無料体験には注意が必要!


amazonプライムとは

amazon01アマゾンの通常の送料にプラスされる追加料金が無料になるサービスです。

・当日お急ぎ便(通常500円)やお急ぎ便(通常350円)が無料で使い放題
・お届け日時指定便(通常350円)も無料
・特別配送料が無料 (対象商品に限定)
・家族と一緒に使い放題 (家族会員2名まで)
・(追記)アマゾンビデオ&アマゾンミュージック利用可能

午前中に頼んだ商品がその日に届いたり、配送日時が選べたり、あれば便利なサービスです。

amazonプライムに申し込んだら注意しましょう!

そんな便利なサービスが無料体験出来るのは、嬉しいのですが、1つ注意してください。

そのままにしておくと、自動で会員になってしまい、年会費もカードで自動的に引き落とされます。

amazon02-01家族の別アカウントで確認。
←小さい字で説明ありました~ヾ(-_-;)

私はそのままにしていたので、自動的に会員になっていました。
(事の顛末はこちら

amazonプライムに申し込んだらここを変更!

1.まずサインインしている状態でアマゾンにアクセスし、右上の「アカウントサービス」をクリックします。
amazonアカウントサービス01
amazonアカウントサービス02カーソルをあてた時点で左のようにプルダウンが出現しますが、そのままクリックしてください。

2.「アカウントサービス」の中の「アカウント設定」にある「Amazonプライム会員情報を管理する」をクリックします。
Amazonプライム会員情報を管理する
※サインインの状態によっては、ここで再度サインインのメールアドレスとパスワードを求められる場合もあります。

3.「Amazonプライム会員情報の管理」の左側にある「自動移行しない」のリンクをクリックします。
自動移行しない
4.次の「会員情報を変更する」のページで「会員資格を継続しません」ボタンをクリックします。
(※迷う方は「会員資格終了前に知らせを受ける」ボタンでも良いかもしれません。)
amazonプライム・会員資格を継続しません
これで自動更新はされず、いつの間にか年会費を請求されることもありません。
amazonプライム・自動更新解除

無料お試しを利用するのは全然OKですし、amazonプライムも様々な状況下で役に立つサービスだと思います。
ですが自動更新で有料会員になってしまうのはちょっと困りものです。
無料体験に申し込んだら、上記の手続きをしておけば安心です。

※もし、手続きを忘れて自動課金されてしまったら、こちらの手続きを行いましょう。

※ご注意※
この記事は個人のブログ記事です。
時々こちらの記事へのコメントやお問合せにアマゾンプライムの解約依頼などが送られてることがありますが、こちらからはおこなえません。
アマゾンへ直接お問合せをお願いいたします。
↓お問合せはこちら
アマゾンカスタマーサービス

【追記】現在の私のアマゾンプライム利用状況

2017年現在はアマゾンビデオが充実したことにより、アマゾンプライム利用者となっております。
アマゾンプライムの年会費のみで沢山の映画やテレビ番組が無料で見放題なのでコスパとしてお得だと感じています。
アマゾンビデオオリジナルドラマなどもあり中々お勧めです(^^)


ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

“Amazonプライム無料体験を申し込んだ後にするべきコト”への2件のコメント

  1. キノシタ トモヨシ より:

    アマゾンプライム年会費 知らない間に3,900円の請求を受けた一人です。 もう少し気をつければ良かったと
    思っています。パソコンでの買い物あまりしたことない初心者ですが、少し詐欺的行為に思いますねー。
    勿論買った本が次の日に届き、すごいと思いましたが
    まさかこのような羽目になるとは。
    以降反省します。消費者センターへはまだ相談したことありませんが、一度聞いてみようかとも思っています。

    • maki より:

      ご覧いただきありがとうございます。
      自動請求されても、アマゾンプライムを利用していなければキャンセルできるのですが、気付かずに利用してしまっているとキャンセルもきかないので、私も分かった時は驚きました。

      仕方なしに、プライムの機能をフル活用しましたが、当日に届くこともあって便利は便利。
      でも、はっきり明示せずに請求されてしまうのは困りものですね。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ