油断禁物!Amazonプライムが自動で有料会員になってた場合の対策


amazon
Photo By MIKI Yoshihito

自動で有料会員に切り替わっていました・・・(´Д`)


「アマゾンプライム電話0120899280」何これ?

amazonを利用している人はとっても多いと思います。
そんなアマゾンのちょっと便利なサービスamazonプライムは1ヶ月無料で試せるので、利用の度に「無料で試しませんか?」的な表示がでてますよね。

私もその表示を見て、無料で使えるとあったのでamazonプライムに申し込んでみました。
お米など重いもの系をしばしば頼んだりと定期的に利用していて、買いそびれて急いでいる時に申し込んだのです。

いつもなら数日かかるところを翌日に届いたので助かりました。
しかし、そこに落とし穴が・・・・。

先日カード明細をチェックしていると、
「アマゾンプライム電話0120899280」として3,900円の請求が!

「何これ?!」と購入履歴を見ても、掲載日付に買い物をした履歴はなし。
そのままネットで調べるとあっさり判明。

なんと、自動的に有料会員になっておりました!Σ(゚Д゚;)

「自動切り替えだっだのね・・・」とがっくりしつつ調べると、対処法がわかりました!

amazonプライムを解約して返金されるための方法

1.まずサインインしている状態でアマゾンにアクセスし、右上の「アカウントサービス」をクリックします。

amazonアカウントサービス01
amazonアカウントサービス02カーソルをあてた時点で左のようにプルダウンが出現しますが、そのままクリックしてください。

(ちなみに、この時点でサイトの左上のロゴがamazonプライムになっていることに初めて気づきました)

2.「アカウントサービス」の中の「アカウント設定」にある「Amazonプライム会員情報を管理する」をクリックします。
Amazonプライム会員情報を管理する
※サインインの状態によっては、ここで再度サインインのメールアドレスとパスワードを求められる場合もあります。

3.「Amazonプライム会員情報の管理」の「会員情報」にある「自動更新しない」のボタンをクリックします。
amazon・自動更新しない
4.「自動更新の確認」の「自動更新機能をOFFにする」ボタンをクリックします。
amazon・自動更新機能をOFFにする

これでまず、自動更新はされない設定になりました。

5.「Amazonプライム会員情報の管理」の「会員情報」にある「会員登録をキャンセルする」のボタンをクリックします。
amazon・会員登録をキャンセルする

これで、amazonプライム会員ではなくなり、年会費も返金されます。
登録したメールアドレスに「Amazonプライム会員登録キャンセルのお知らせ」というメールが届き、返金額も記載されています。

ですが要注意!
自動的にAmazonプライム会員になってしまってから、この手続きをするまでの間にAmazonプライムを利用しているとこのキャンセルは出来ません。

そして私はそうでした・゚・(ノД`;)・゚・
amazon01・年会費の返金を受けられません
だそうです。

なので、ここは潔く(?)あきらめて、1年間だけ荷物が速攻届く状況をフルに利用することにしました。

中には、何年もプライム会員であることに気づかない方もいらっしゃるそうです。
皆さんもプライム会員の無料お試しをする場合は気をつけましょう。

※無料お試しを行ったばかりの方は、こちらの手続きをしておけば安心です。

※ご注意※
この記事は個人のブログ記事です。
時々こちらの記事へのコメントやお問合せにアマゾンプライムの解約依頼などが送られてることがありますが、こちらからはおこなえません。
アマゾンへ直接お問合せをお願いいたします。
↓お問合せはこちら
アマゾンカスタマーサービス

【追記】現在の私のアマゾンプライム利用状況

2017年現在はアマゾンビデオが充実したことにより、アマゾンプライム利用者となっております。
アマゾンプライムの年会費のみで沢山の映画やテレビ番組が無料で見放題なのでコスパとしてお得だと感じています。
アマゾンビデオオリジナルドラマなどもあり中々お勧めです(^^)


ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ