やっぱり本物は違う!日比谷花壇と蓼科プランツコラボのドライフラワーリースが素敵すぎる件


日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」
先日伺った日比谷花壇本社での展示会でプレゼントいただいたドライフラワーのクリスマスリースを早速飾りました。
何と言ったらよいのでしょう。本物って素敵なんだなぁ。と毎日癒されてうっとりしています。


ドライフラワーリース「リース ド ルージュ」

日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」今回頂いたのはドライフラワーリース「リース ド ルージュ」。一番人気色「赤」です。

ドライフラワーってもっと乾燥して色あせたイメージでしたが、とても発色も良くて、ドライフラワーって感じがしません。
これはやはり蓼科プランツの高品質ドライフラワーならではなのでしょう。

蓼科プランツとは
蓼科プランツロゴ蓼科プランツは、高品質のドライフラワー作りをしている会社です。
蓼科の標高1000mの畑による自家栽培によるこだわりの花作りをされていて、高地性気候の特徴である朝夕の温度差が、発色豊かな花を栽培し、長年の経験で花の一番の収穫時期を見極めて最高のドライフラワー作りへつながっているそうです。
乾燥も機械は使わずに、蓼科高原の乾いた自然の空気で乾燥され、生花とはまた違った豊かな色合い・ナチュラルな風合いのあるドライフラワーを生み出されています。
ドライフラワーのナチュラル感と優しい雰囲気
日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」・ドライフラワー発色の良い様々なドライフラワーのふんわりとした風合いが、リース全体を優しく上品な雰囲気にしています。そして様々なグリーンがより立体感を演出。
触ってみたらやはりドライなだけあって固めで、でもすぐにポロポロと崩れることもなく、思うよりも全然強く出来ていて強度的に安心しました。
シャンパンカラーのボール
日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」・シャンパンカラーのボールゴールドでもない淡いシャンパンカラーのボールが、強調せずにさり気ない上品さをプラスしています。
リンゴのオーナメント
日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」・リンゴオーナメントちょっと深めの落ち着いた色のリンゴのオーナメントは、リースに落ち着き感を出しています。
出来のリアルさに、子ども達が「これ本物?」と聞いてきました(^_^)
クリスマス感満載のリボン
日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」・リボン赤を基調としてアクセントに緑というクリスマスカラーのリボンは「NOEL(ノエル)」の文字でツリーが描かれています。
リースに明るさ、華やかさを演出し、リボンの垂れる部分は描かれたツリーがきちんと見えるようになっていて、よりクリスマス感がアップしています。

※NOEL(ノエル)とはフランス語でクリスマスの季節や歌を意味しています。

一輪のプリザーブドローズ
日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」・プリザーブドローズまさに「真紅の薔薇」。
たった一輪のプリザーブドローズがリボンの真下にあることで、優しいドライフラワーの雰囲気にメリハリをつけて華やかさを演出しています。

ドライフラワーリース「リース ド ルージュ」まとめ

日比谷花壇・クリスマスドライフラワーリース「リース ド ルージュ」

やはり造花などで作られているリースとは根本的に雰囲気の違いを感じます。
ふわっとある感じというか、空気感といいますか。
本物の花から来ているナチュラル感が品の良い上質な雰囲気を出しています。

娘も「なんかこのリースは他のと違うね~♪」と嬉しそうに見ていました。

本当は玄関の外に飾って人様にも見せびらかしたいのですが、やはり本物のドライフラワーなので雨・風等が心配で、玄関の内側に飾っております。
毎日出かける時に見ていて、うっとり満足しています♪
本当は部屋の中にも飾りたい!

プレゼントとしてもセンスの良さが出るお品ですし、ご自宅でも大満足して飾れる、とってもとってもおすすめなクリスマスリースです(*^_^*)
色はやはりクリスマス色満載の赤が人気だそうで、実際に飾ってみてもメリハリのあるカラーで「赤」が本当におススメです!!

詳細はこちら>>【日比谷花壇】【クリスマス】ドライフラワーリース「リース ド ルージュ」


ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ