Webで簡単にデザインが作れる!オリジナルTシャツ「tmix」で息子のダンス用Tシャツを注文


tmix(ティーミックス)
Web上でオリジナルデザインがつくれるオリジナルTシャツ「tmix(ティーミックス)」。
Tシャツをモニターで作成させていただけることになったので、ダンスを習う息子用にTシャツを作ってみました。


tmix(ティーミックス)のプリント方法

オリジナルプリントのプリント方法は、結構色々あります。
ですが、基本は以下の2つの方法が主流。

1.シルクスクリーン印刷
シルクスクリーンプリント昔から主流の方法で、「版」というものを使います。
年代的にご存知ない方もいるかもしれませんが、昔に年賀状等を作る「プリントごっこ」という家庭用印刷のグッズがありました。
原理はそれにとても似ていて、デザインの色別にあわせてインクが通過する小さな穴をあけた「版」を作り、Tシャツ等に「版」を乗せて、1色ごとにインクを印刷する方法です。

【メリット】
インクを乗せることで華やかな発色が実現。
洗濯にも強く、何度洗濯してもプリント箇所の衰えはかなり少ない。
50枚以上など多い枚数になればんるだけ、1枚単価が安くなる。
【デメリット】
1色につき1版必要で版1つに平均6~8千円程。
少ない枚数や異なるデザインにしたい場合に割高になる。

2.インクジェットプリント
インクジェットプリントtmixさんの採用している印刷手法
比較的新しい技術で最近増えてきている手法です。
「版」は必要なく、特殊な専用プリンターでTシャツ等に直接プリントします。

【メリット】
直接プリントするので、追加料金なくフルカラー印刷が可能。
複数デザインになっても、版が必要ないので追加料金は発生しない。
少ない枚数でも料金が変わらない。
【デメリット】
シルクスクリーンに比べると、発色は若干弱め。
洗濯で若干の衰えが出る場合もある。

tmix(ティーミックス)の特徴

オリジナルTシャツが作れるサービスは、現在とても沢山あります。
私は一応デザインの仕事をさせていただいていたこともあり、本格的なデータも作成出来ることから、何度が子どもや知人のダンスイベント等のTシャツ制作のお手伝いをしてきて、シルクスクリーン印刷もインクジェット印刷も色々な業者さんに依頼してきました。

そんな沢山の業者さんの中でtmix(ティーミックス)さんの素敵な点は、

プロじゃなくても絵が描けなくてもWeb上でデザイン可能

Webサイト上にデザインツール(デザインできるソフトのようなもの)があり、その中にあるイラストや文字(テキスト内容はもちろん自由)を組み合わせてオリジナルデザインがつくれちゃいます。
会員登録しておけば、デザインの保存も可能なので時間をかけて作れるのも嬉しい。

全商品2枚以上で送料無料

2枚から送料無料は中々少ないです。
大体10枚からとか、いくら以上からとか。
しかも全商品で2枚なので、Tシャツとパーカーとか他の組み合わせでOKなのも嬉しいです。

全アイテム×別々のデザインでも10枚から割引アリ

これは本当に中々ないサービス。
「同じTシャツ(色も同じ)の同じデザイン」で○枚から割引なのは割とありますが、デザインもアイテムも別でもトータル10枚から割引してくれるのは珍しい!
これなら、チームTシャツにそれぞれナンバーや名前入りにしても10枚以上で割引になるのでとってもおススメです。

特別料金なしで当日出荷対応(アイテムによります)

アイテムは限られますが当日の9時までに注文完了していたら即日発送もしてもらえます。
急いでいる人にはおススメ。でも現在のアイテム数はちょっと限られすぎているのは難点です。

手書きの絵をそのままプリント可能

手書きからデータを起こしてくれる(別料金)ところは多くありますが、手書きの絵をそのままプリントしてくれるのはあまり見たことありません。
白Tシャツに白地の紙に書いた絵(イラスト)限定ですが、サイトで見た感じはとても可愛かったです。
「お子さんが書いた絵をTシャツに」というコンセプトですが、何かしらのチームTシャツに絵の上手い人が書いたオリジナルTシャツとかも、とても素敵で面白いと思いました。

サイトが見やすい

オリジナルTシャツの業者さんのサイトは若干分かりずらいところも何故か多く、サイトを見ている途中で分かりづらさからあきらめてしまう場合もしばしば。
tmix(ティーミックス)さんのサイトはとても分かりやすく整理されて、混乱しないで進めていけると思いました。

tmixを利用するにあたってまずは会員登録

会員登録すると、デザインの保存が出来るので登録されることをおススメします。

tmix(ティーミックス)会員登録・登録ボタンtmix(ティーミックス)のサイト右上の「会員登録」をクリック。
tmix(ティーミックス)会員登録・アドレス入力メールアドレスを記入して「次へ」をクリック。
tmix(ティーミックス)会員登録・会員登録画面入力したメアドを確認して「会員登録する」をクリック。
tmix(ティーミックス)会員登録・メール入力したアドレスに会員登録用のURLの記載されたメールが届くので、URLをクリック。
tmix(ティーミックス)会員登録・本当登録画面会員情報とアンケート(これは記載なしでもOK)を入力して「次へ」をクリック。
tmix(ティーミックス)会員登録・内容確認記載内容や利用規約を確認して「利用規約に同意し登録」をクリック。
tmix(ティーミックス)会員登録・登録完了会員登録終了。
画面下に制作方法の動画があるので、制作方法をみるのも良いと思います。

更に画面の下に制作方法別にリンクがあるのですが、アイテムやデザインが仮で決まっていて、変更可能なのですが、むしろやりずらいので一旦トップページに戻ったほうがおススメ。

Webでデザインしてみました

Illustrator(イラストレータ)でのデザイン入稿も対応しているで、完全オリジナルを作ってあげたいとも思いましたが、Web上でデザインする方法に興味があったのと、ブログをみていただいたる方にも参考にしていただけるかなと思ったので、Webデザインにトライしてみました。

tmix(ティーミックス)・トップページ「今すぐデザイン」ボタントップページの上にある「今すぐデザイン」から進むと、「メンズTシャツ定番」の白がアイテムとして設置されています。
もちろんそこから商品もカラーも変更できるのですが、小さな画面なのでやりづらく商品の詳細も確認出来ず若干やりづらいかなと思います。
tmix(ティーミックス)・トップページ「商品一覧」「メンズTシャツ定番」の白以外で作りたい方は、トップページ下左の「Item|商品一覧」から各商品のページで確認&カラーも選んで進む方法がおすすめ!
1.アイテム選び
tmix(ティーミックス)・アイテム選び今回は結局「メンズTシャツ定番」をチョイス。カラーは元気色なデイジーにしました。
tmix(ティーミックス)・「デザインする」ボタンクリックすると、アイテムの大きな画面が表示されるので「デザインする」をクリック。
2.デザイン画面
tmix(ティーミックス)・デザイン画面アイテムの写真とデザイン範囲が点線で囲われています。
上部左側に、「+テキスト」「+イラスト」「+写真」とありそれぞれをクリックすると、デザイン用のツールボックスが表示されます。
3.イラストを選ぶ
tmix(ティーミックス)・デザイン画面:イラスト「+イラスト」をクリックし、イラスト用のボックスを表示させます。

イラストはとにかく豊富で、現時点のカテゴリーだけでも51種類。

ハート/スター/ベーシック/背景/メガネ/スカル/サーフ/マリン/ユーロ/アンティーク/和柄/龍・トラ・鯉/仏像/アート/バスケットボール/ダンス&クラブ/野球/バレーボール/サッカー・フットサル/背番号/応援/国旗/シンボル/RSS/grafiti/チェ・ゲバラ/ミュージック/ネタ/人物/ビューティー/動物/花・植物/車・バイク/マンガ(喜)/マンガ(怒)/マンガ(哀)/マンガ(楽)/忍者/サムライ/相撲/富士山/波/梵字・千住札/タトゥー・トライバル/花火/フード/ランニング・ジョギング/ゴルフ/スケボー/サイクリング/テニス

と、カテゴリーだけでも読み飛ばされるであろう程にあります。
このカテゴリーの中にいくつもイラストがあるので、組み合わせることでかなりオリジナリティーのあるデザインが作れると思います。

4.テキストをいれる
tmix(ティーミックス)・デザイン画面:テキスト「+テキスト」をクリックし、テキスト用のボックスを表示させます。
tmix(ティーミックス)・デザイン画面:フォントフォントも沢山用意されているので、3つあるフォントカテゴリーをクリックすると、カテゴリー内のフォントが表示され、選ぶことが出来ます。
写真をいれる
tmix(ティーミックス)・デザイン画面:写真このボックスから写真や自作のイラストをデータ化したものをアップロード出来ます。
tmix(ティーミックス)・デザイン画面:アップロードした素材の場所アップロード後は「イラスト」のカテゴリー「my素材」から選べます。

tmixでオリジナルTシャツ注文をしてのまとめ

tmix(ティーミックス)
会員登録してあれば、作ったデザインを保存できるので、色々と悩みながら複数デザインを作ってみたり出来てとても便利。
面白くなって色々試していたら、PNGという形式のデータでイラストを「myアイテム」にアップすることも可能と分かり、昔、息子が描いた絵の一部をデータで描きおこしてデザインしてみました。
データ入稿でなくても、オリジナル素材使いが出来るのも、とても使いやすくて良いと思います。

組み合わせや小技で、かなりオリジナルデザインも可能だと感じたので、後ほど小技方法をまとめてみたいと思います。

プレゼントやスポーツ系・ダンス系・クラス系などなど、チームTシャツやイベントTシャツ作りにとても便利で面白いサービスだと思います。

今回

詳しくはこちらから
 ↓↓↓
オリジナルTシャツ【tmix(ティーミックス)】




ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ