0.1g単位の計量も、水も牛乳もmlの計量可能!パン作りには特に便利なタニタのデジタルスケール


タニタ デジタルキッチンスケール
今まで使っていた量りのが壊れたので、せっかくだから、TANITAにしてみました。
使い勝手が向上して、とっても使いやすいです。


今までの量り

もう捨ててしまったので写真もなく、今までの量りはどこのかも分かりません(^_^;)

でも、一応デジタルスケールで形は大体今回の計りと同じ平たい四角でした。
0~2kgまで計れて、計っている最中に0表示することは出来ました。

今回のTANITAのデジタルキッチンスケールの機能

タニタ デジタルキッチンスケールTANITAのデジタルキッチンスケール(厳密にはKD-192)は、今までのキッチンスケールと同じく、何かを乗せたり、量っている途中での0表示はもちろん出来ます。
タニタ デジタルキッチンスケール・0.0g表示そして最大の満足の原因がこちら!
微量モードで0.1g単位で測れます。
ホームベーカリーでパンを焼くときのドライイーストが大抵○.○gとコンマ数グラムまでの分量計算なので、今までは憶測で量っておりましたが、これできっちり量れるようになりました。

※微量モード時は0~200gまで0.1g単位・200~1,000gまで0.5g単位・1,000-2,000gまで1g単位表示です。

タニタ デジタルキッチンスケール・ml計量モードそしてたまには便利は機能として、水と牛乳をmlで測ることが出来ます。
なぜ、水モードと牛乳モードがあるかというと、水とは1リットル=1kgですが、牛乳は1リットル=約1050gと比重に違いがあるからなのです。
タニタ デジタルキッチンスケール・地域設定0.1g単位の高精度なスケールは、地域による若干の重力の違いから影響を受け誤差が生じるらしく、使用する地域を設定することによって、この誤差を解消する事ができるそうです。
タニタ デジタルキッチンスケール・壁掛け私は使っていませんが、裏面に出し入れ可能なスライド式の壁掛け用フックも有りました。
タニタ デジタルキッチンスケール・取り外せるシリコンカバーこの量るものを乗せる部分のシリコンカバーは取り外し可能です。食材色々乗せるので絶対に汚れてきますので、洗えるって素晴らしいですね。

どうでも良い実験 -水と牛乳の比重の違い-

せっかくなので、このキッチンスケールKD-192の機能を使った実験をしました。

タニタ デジタルキッチンスケール・水200mlまず水を200ml量りました。
タニタ デジタルキッチンスケール・牛乳200mlそして牛乳を200ml量りました。
水と牛乳水と牛乳はきちんと同じ量です。
タニタ デジタルキッチンスケール・水200mlの重さそして水の重さを量りました。
※この前に、同じ種類のコップで0表示にしています。
タニタ デジタルキッチンスケール・牛乳200mlの重ささらに牛乳の重さも量りました。

同じ種類のコップでも多少の誤差はあるでしょうが、やはり同じ量で牛乳の方が重かったです。
mlもちゃんと量れてますね(*^_^*)

タニタのキッチンスケールKD-192のまとめ

0表示にしながらどんどん足して量っていけるのでとてもラクですし、表面が取り外し可能なのも清潔で良いです。

難を言えば、0.1g単位は0表示にしてても総量が200gを超えると0.5g単位になってしまうところ。
0.1g単位で量る時は容器も軽いものでないといけません。

でもそれ以外は使用感サクサクで前のよりもずっと使いやすいく汚れないです。
液体計量は計量カップの方が早いですが、洗い物増やしたくない時だけ使っています。

色違いも可愛いです↓

  

ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ