鼻血が出た時の対処法 ~看護師ママに教わった方法~


鼻

子どもは鼻血を出しやすいです。
通常している鼻血への対処法が意外に間違っている場合もあります。

以前子どもで集まって遊んでいた時に看護師ママが鼻血が出た子にしていた方法をご紹介します。
鼻血の時は、正しい方法で対処してあげましょう。


子どもの鼻血

鼻血鼻血のほとんどは、鼻の穴に近くにある「キーゼルバッハ」という部位からの出血です。

ここは血管が多く粘膜層も薄いので、ちょっとしたことで出血しやすい場所です。
そして、子どもはすぐに鼻をいじってしまう事が多いために鼻血が大人に比べて多くなるのです。

鼻血対策の間違った知識

顔を上に向けさせる
上向き鼻血が出たら「上を向いて!」という対処法は実は間違いです。
上を向くと鼻血が喉に流れ込んでしまったりしてしまいます。
鼻血=血液を飲み込んでしまうと、気持ち悪くなったり吐いてしまうこともあるので、上を向かせるのは絶対にNGです。
首の後ろをトントンとたたく
トントンこれは、全くの無意味だそうです・・・。
首の後ろに鼻血を止めるツボがあるいう迷信から流行ったとも言われています。
とにかく無意味です。
ティッシュを詰め変える
ティッシュティッシュを詰めることは間違いでもないのですが、タイミングが大切です。
ティッシュを詰めて、鼻血で染まったから詰め替える、ということを繰り返すと逆に粘膜を傷つけてしまい、鼻血を止まりにくくしている場合もあるので、気をつけましょう。

正しい鼻血対処法

鼻血が出た時の正しい対処方法は以下の通りです。

1.顔は下を向かせる
下を向く上記しました通り、鼻血=血液を飲み込まないように、顔はやや下を向かせましょう。
2.圧迫する
鼻をつまむ小鼻(鼻のつけ根辺り)を指で強く挟み、5分程圧迫します。
この時、氷や冷たくしたタオルなどで冷やすと、血管が収縮してより効果的だそうです。

Photo By mpclemens

3.ティッシュを詰める
ティッシュを詰めるまだ、少し鼻血がです場合はティッシュを詰めておきましょう。
本来ならティッシュよりも柔らかいものの方が良いそうですが、家庭で考えるとティッシュを詰めるほうが現実的です。
ですが、2の圧迫で止まった場合は、逆に刺激しないように入れない方が良いです。

Photo By Toca Boca

子どもの鼻血対策まとめ

鼻血がでたら、とにかく上記の対策を行って様子を見ましょう。
子どもの鼻血はすぐに止まるので、慌てずに対処すれば大抵大丈夫です。

それでも止まらない場合は、以下のことを頭に入れて病院に行きましょう。

・鼻血が始まった原因・状況
・鼻血が始まった時間
・鼻血が出ている時間の長さ
・おおまかな出血量(洗面器一杯くらい、等)、出血の状況


ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ