湯ざわりが柔らかくなって気持ちいい!ママバターの入浴剤・バスパウダーでお肌スベスベ


MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダー
乾燥肌の息子のために、愛用しているボディクリームのママバターから昨年新発売された、入浴剤・バスパウダーもあわせて使っています。


MAMA BUTTERとは

MAMA BUTTER・フェイス&ボディクリーム
アフリカの赤道直下近くの地方に自生するシアの木になるシアの実からとれる「シアバター」。
そんなシアバターを使ったナチュラル・オーガニックコスメ製品ブランドが「MAMA BUTTER(ママバター)」です。

全ての製品にシアバターが配合され、妊娠中のママや赤ちゃんも使えるという、安心な製品です。
(※まれにシアバターが合わないという方もいらっしゃいます)
MAMA BUTTERはどの製品も食べられるくらいの安全性を保っているそうです。

【シアバターについて】
シアの実には、ビタミン成分A・B・C・D・E・F・Kが豊富に含まれているため保湿効果や細胞を保護する力があるといわれています。また、人の皮膚にも含まれる成分であるステアリン酸が多くを占めているため、肌にとてもなじみやすいのが特徴です。他にも、オレイン酸・ステアリン酸・パルミチン酸・リノール酸など美容成分がたっぷり含まれており、まさに自然が生んだ美肌クリームといえます。

販売元B×Eより抜粋

モデルのエビちゃんこと蛯原友里さんの双子の妹さんでチャイルド・ボディ・セラピスト(NICUで6年看護師として勤務されたのち開業)である蛯原英里さんもおススメの製品です。

重曹&シアバターで温浴効果と保湿効果

MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダー:成分
ママバターの入浴剤・バスパウダーの成分は以下の通りです。

炭酸水素Na、硫酸Na、シア脂、酸化チタン、デキストリン、シリカ

【重曹】
炭酸水素Na(炭酸水素ナトリウム)は重曹のことです。
温泉に含まれていることも多い成分で、温浴効果や塩素の中和効果があります。
更に肌の古い角質を軟化させて皮脂・汚れ等を浮き上がらせる効果があり、ツルツル肌が期待出来ます。

【硫酸Na】
硫酸Na(硫酸ナトリウム)も温泉に良く含まれている成分で、皮下組織の修復作用があり、あせも・ひび・あかぎれ等の予防に効果が期待出来ます。

【シア脂】
シア脂はシアバターのこと。
上記されているように、保湿効果が高くお風呂上りの乾燥しやすい肌を保護してくれる効果が期待出来ます。

重曹は皮脂を浮かせてくれて古い角質もはがれやすくなるため、ツルツルになるのですがお風呂上りは特に乾燥しやすくなってしまいます。
ですが、シアバター配合なので、ツルツルになりつつも、そういった乾燥しやすさを防いでくれます。

ママバター・バスパウダーの使用感は湯ざわりが柔らかくポカポカ

MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダー:中身
中にはパウダーとスプーンも付いています。

MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダー:粒子とってもさらさらした細かい粒子です。
MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダーをお風呂へ投入お風呂の大きさによりますが、一般的なお風呂には備え付けのスプーンで山盛り3杯入れます。
MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダーを入れたお風呂入れて混ぜると白乳色のお湯になります。
湯ざわりが柔らかくなって、入っていて気持ちが良いです。
温まる感じもバスパウダーを入れている方がポカポカしている感じがします。

ママバター・バスパウダーのまとめ

MAMABUTTER(ママバター)・バスパウダー
最近は寒いのでお風呂の温度をあげたくなりますが、バスパウダー入りだとそんなに高い温度でなくても温かく感じます。
高温でない分、肌にも良さそう。

お風呂上りもツルツルで気持ち良く温泉上がりな感じです。

ラベンダー&カモミールの香りつきもあるのですが、無香料の方が若干お安いのと、みんなが香りを好むとは限らないので無香料を愛用しています。

冬のカサカサなくしてあげたい!乾燥肌の息子のために行ってる5つのコトにも記載していますが、入浴剤&優しい洗浄剤&ボディクリームの外的対策していると、乾燥肌の息子もお肌カサカサにならずに済んでいます。

ポカポカ感も確実に上がるので、この寒い時期は特におススメです。

無香料はこちら>>MAMA BUTTER(ママバター) バスパウダー 無香料

ラベンダー&カモミールはこちら>>MAMA BUTTER(ママバター) バスパウダー ラベンダー&カモミール




ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ