赤ちゃんや子どもの紫外線対策に日焼け止め使う?使わない?


太陽
Photo By Subhash Chandr

紫外線は防ぎましょう!


日焼け止めに対する見解

赤ちゃんや小さい子に日焼け止めを使うのってだいじょうぶかなって思う方もいらっしゃると思います。特に、年配の方に反対されたり驚かれる場合もあって、悩む方が多いようです。

また、紫外線にあたるより日焼け止めを塗る方が肌に悪いのではという不安もあると思います。

母子手帳から日光浴の記述が消えた

昔は母子手帳にも日光浴を進める記述がありましたが、1998年よりその記述はなくなっています。なぜそんな記述があったかというと、ビタミンD不足からの「くる病」等の防止のため。
紫外線にあたることでビタミンDを身体の中で作る働きがあるからでした。

ですが、今やビタミンDは食事からもとることができます。

紫外線

「昔は日焼け止めなんて塗っていなかった」そんなことを言う方もいるでしょう。

ですが、昔は紫外線による害について判明していなかったという事と、オゾン層の破壊により、現在の方が地表に届く紫外線が増えているという懸念があります。

紫外線にはA・B・Cと3つの波長に分けられます。

UV-Aは、地表に降り注ぎます。そして健康への影響は、長時間浴びた場合の懸念はあります。
UV-Bは、そのほとんどがオゾン層などの大気層で吸収されますが、一部は地表へ降り注ぎ、現在はオゾン層の破壊による増加が心配されています。
健康への被害は、皮膚や目に有害であることが分かっていて、皮膚がんの原因になることもあります。
UV-Cは、大気層で吸収され、地表へは到達しません。

紫外線防止方法

紫外線は3月~9月が多く特に5月~8月が一番多いです。

そして紫外線が強く日に焼けてしまう時間帯は10時~14時の間で、1日に降り注ぐ紫外線の50%以上と言われています。
ですので、小さい赤ちゃんなどは出来る限りこの時間に日にあたるのを避けて室内にいることが一番です。(室内の紫外線は外の10%以下)

外に出る時は帽子や薄手の長袖の上着を着せるのも良いです。
また、日陰にいることや、ベビーカーの傘で日光を遮断することも効果的です。

上記の事でもある程度の紫外線対策として有効ですが、
長時間外にいる場合や補助として日焼け止めを使うというのもアリだと私は思います。

なぜなら、薄手の上着だけでは多少紫外線は通してしまうでしょうし、長袖を嫌がる場合もあります。また、紫外線は道路や建物で反射もしますので、日陰だから全くあたっていないというわけではありません。どうしても外に長く出る場合や通常出ている顔などには、赤ちゃんの頃から補助的に利用していました。

日焼け止めの使い方

日焼け止め成分には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤があります。
紫外線吸収剤はアレルギーを起こしてしまう場合がまれにあります。
紫外線散乱剤はアレルギーを起こす人はほとんどいません。
ベビー用や子ども用は基本的に紫外線散乱剤のみ使われているものがほとんどです。
ですので、子供用の日焼け止めを選ぶ場合は、紫外線散乱剤(酸化チタン・二酸化チタン)のみのモノを選びましょう。

SPFについて

SPFはUV-Bを遮断する効果の程度を表すもので世界各国で使われている数値です。
数値1で効果が20分間続くことを表しています。
ですので、SPF30の場合600分持続するという意味になりますが、この数値は厚めに塗った場合を元に算出されているので、実際は半分ぐらいの効果と考えたほうがよいでしょう。

PAについて

PAはUV-Aの防御力を示すもので、日本独自の表示になります。「+」の記号を使って4段階で表しており(今年++++が採用)「+」が多い程効果も高くなります。

日焼け止めの塗り方

基本的には、10時と12時の2回に塗れば、紫外線の強い10時~14時の間に効果を持続させられるでしょう。
SPFについては30以上は同じであるという見解もあり、効果を半減と考えてSPF20以上のものであれば大丈夫だと思います。

また、曇っていても薄い雲の場合は紫外線の80%が降り注いでおり、空気中の紫外線の量は晴れている日とさほど変わらないようなので、曇りの日も対策しておくと良いと思います。

我が家で使っている日焼け止め

ぴたっとサンミルク我が家では「ぴたっとサンミルク」というものを、長年愛用しています。

ちょっと高めですが、もちろん紫外線吸収剤は不使用の紫外線散乱剤(酸化チタン)使用でSPF30 PA+++。
紫外線散乱剤系は白くなりやすいのですが、これはほとんど白残りしません。
柑橘系アロマ(レモングラス)の香りで虫よけ効果もあり、W効果があるということでもラクでおススメです。


ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ