粉ミルク作りが驚くほどラク!ミルク育児のウォーターサーバー導入のススメ


太陽
Photo By Honza Soukup

赤ちゃんを待たせずにミルクが作れます。


ウォーターサーバー導入前の私のミルク作り歴

一人目
実は一人目は5ケ月ぐらいまでは、完全母乳で育てていました。
ですが、主人の実家に帰省することになった時に、義母に「帰ってきたら(娘を)みてるから二人で出かけていいわよ」との魅惑のお話を頂き、じゃあ、哺乳瓶使ってみようとミルクをあげてみたところ、哺乳瓶を受け付けない~、ミルクを受け付けない~。

迷いましたが、このままじゃ何かあった時に預けることも難しいので、何度か練習を重ね無事ミルクを飲める子になってくれました。その後、1才過ぎぐらいまで、夜寝る前の時間だけミルクという生活でした。

ミルクを作るのは1日1回だったので、お昼ぐらいにペットボトルの水でお湯を沸かして、持っていた魔法瓶の水筒に入れておくと夜70℃くらいになっているのでそれで調乳。哺乳瓶を流水にあててひと肌に温度調整するという作り方でした。
※ポットを持っておらず、ミルク以外に必要性を感じなかったので購入も考えませんでした。

二人目

二人目の時は、家で出来る範囲で仕事を復活させていたので、(保育園に預けるほどではない)始めからちょっと混合にしていました。
それでも、基本的には一人目と一緒で1日1回ペースだったので、同じような作り方をしていました。

三人目
この頃は結構がっつりと働き始めていたので、保育園に入れることも決まっており、仕事をしている分と年齢が上がっている分、疲れがあるのか多少母乳の出も以前よりは少なくなっていたので、1日2~3回はミルクという混合状態でした。
そして親戚から「調乳ポット」を譲り受けていたので、朝お湯を沸かし調乳ポットに注ぐ。調乳ポットが70℃をキープしてくれるので調乳して、哺乳瓶を流水にあてて温度調整するという作り方でした。

4人目でウォーターサーバー導入検討

4人目でも粉ミルクと母乳の混合が前提だったので、東日本大震災による原発事故の影響から水に対しての不安は多少持っていました。
今までもミルクにはペットボトルの水を使っていましたが、これを期にウォーターサーバー導入を検討。

色々調べてみると、赤ちゃんのミルクには「ピュアウォーター」(不純物をミネラルも含めて取り除いた純水)が良いとのこと。
ミネラルウォーターのミネラルは、赤ちゃんの胃腸には負担が大きく下痢をしてしまうこともあるそうです。この事実はちょっと驚きでした。

ピュアウォーターを扱っていて、コストパフォーマンスが良いところを探し「アルピナウォーター」を導入してみようということになりました。
ここは、サーバー代は有料(600円/月)ですが、その分水の金額が抑えられていて、なおかつ「月に何本は買わなくてはいけない」というノルマもなかったので、決めました。

ウォーターサーバー導入

alpina01そして我が家にウォーターサーバーがやってきました。

もう、ほんっとにミルク作りが楽になりました。

1.お湯をちょっと入れる
2.粉ミルク入れる。
3.お湯を分量の半分くらいまで入れる。
4.水を分量までいれる。

で、出来上がり!
今までは、ちょっと焦りながら(泣いてたりするので)適温になるまで冷ますのがストレスでしたが、本当にすぐに出来てすぐに飲ませてあげられるので簡単です。

そんなに違いが無いように感じるかもしれませんが、やってみると「すぐに出来る」というのが本当にうれしかったです。
上の子の時にも使いたかったですね。

ウォーターサーバーでの調乳温度

2007年に世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)により公表された「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」では、調乳の温度は70℃以上とされています。
上の子2人の時は50~60℃ぐらいで教わりましたが、海外でおきた粉ミルクのサカザキ菌の混入による死亡事故によって変わったそうです。
日本ではこの菌の混入は起きていませんが、万が一病原菌が存在する可能性があるため、70℃以上のお湯で調乳することで、リスクを大幅に減少させることができるとのことです。

今回導入したアルピナウォーターのお湯の温度は、80~85℃です。
そして、ガラスの哺乳瓶の場合は80度のお湯を入れても、すぐに70度台に温度が下がるそうなので、調乳に適しているのではと思います。

昔は「高温で調乳すると栄養素が壊れる」という情報もありましたが、ミルクメーカーに問い合わせたところ「ビタミンやラクトフェリンなどは熱の弱いので多少影響を受けますが、必要量を配慮しているので栄養成分が不足する心配はありません。ビタミンに関してもすぐに温度を下げれば影響は少ない。」とのことでした。

ですので、上記の調乳方法で問題ないと判断しました。

ウォーターサーバーおまけ

ミルク調乳にも、その他(コーヒー入れたり、日々の飲料水にしたり、離乳食作り、たまに料理)にも便利なウォーターサーバーですが、ひとつ注意を。

alpina02小さいお子さんがいる(というより赤ちゃんがいる)場合は、冷水にもチャイルドロックをつけられるサーバーが便利です。アルピナウォーターは選べるので、我が家は導入1か月で冷水もチャイルドロックにしました。

3番目も当時4才だったので、チャイルドロックもすぐ慣れて、自分でお水を出して飲んでいましたが、ターゲットはそこでなく、だんだん大きくなる赤ちゃんでした。

実際歩けるようになると、本当にウォーターサーバーをいじるいじる。チャイルドロックでなかったら、何度水をドバドバと出されてたことでしょう。というくらいです。

ロックついていても子どもでもすぐ慣れますし、絶対に必要だと感じました。

詳しくはこちらから
 ↓↓↓
安心のウォーターサーバーならアルピナウォーター




ランキングに参加しています。
↓↓↓参考になりましたらクリックお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ